脈診について

脈診(みゃくしん)は、中国の伝統的診断法のひとつ。昨今の中医学では四診(望診・聞診・問診・切診)の一つである切診に含まれるが、本来、脈診は最も伝統的な診断法である。 身体をめぐる経脈(気血が流れるルートで、五臓六腑の経に心包経を加えた12経)の拍動を触れることによって、その身体の状態を推測し、各臓腑の陰陽虚実やバランスなどを調べ、病気の診断や予後の判定を行い、治療方針を立てる方法であり、現代医学も脈拍の速さや強さやリズムで診断の助けとするのと近いと考えればよい。しかし、脈という現状の解釈には独自の思想と理論が反映される。 脈診には大きく、比較脈診と#脈状診の二つがあり、『黄帝内経』の時代には、#三部九候診、#人迎脈口診という比較脈診が基本とされた。現在の中国では、『黄帝内経』や『傷寒論』にも記載される手の寸口の脈を触れて、その脈の状態(脈状)で病態を把握する脈状診が主流である。基本的に中医学では李時珍の『瀕湖脈学』を貴重としていると言われるが、これは中医学が明清代の医学を土台としているからである。ちなみに現代中医学の土台となった古典テキストには『張氏医通』『医宗金鑑』などが挙げられる。 現在、日本では『脈経』(『難経』ではない)を起源とする六部定位診がポピュラーである。この脈診は『難経本義』を元に昭和20年代に復興された新しい鍼灸療法である経絡治療で行われた脈診法であり、中国ではあまり行われていない。また、六部定位診は、手の寸口のみで五臓の状態を推測できる画期的な方法であるが、問診を必要ないとする態度から嫌う者も多くいたようである。現在はさらなる発展を遂げ、人迎気口診や#脈位脈状診など、脈状によって診断を行う方法が広まっている。 現在、CRA・新卒日本には多くの鍼灸治療法があるが、古典的用語を使っているように見えて、実際には現代中医学の言葉を用いており、中医学の理論によって病態を解説している場合が多い。しかし、実践的臨床として、《脈診》→《手足の要穴に刺鍼》→《脈診》というパターンを保持する様は、どれも経絡治療を土台とするもの、またはその亜流に属すものばかりであり、経絡治療が独自の用語、理論、方法を持つことが、日本の鍼灸医学が発展することにつながるのではないかとする考え方もある。 脈診は経験論的な方法論に基づくものであり、方法論の有効性に関しては科学的/医学的観点からの解明が待たれている側面は否定できない。そこで古来の脈診の方法論に科学的な視点をもたらすべく、現代の定量科学に基づく「脈診器」等の開発も試みられはじめている。


三部九候診(さんぶきゅうこうしん)について

『黄帝内経素問』にある脈診法で、世界には天人地の三つがあるという考え方から、人体においても天人地を求め、これに対応する脈拍で診断する方法。 頭頚部に3箇所、手に3箇所、足に3箇所の拍動部を求め、これの強さなどでもって診断を行う。 漢代当時にどのような実用がなされていたかがわからないが、主に鍼灸の診断で行われていたと思われる。後述する『霊枢』の人迎脈口診に移行したとも考えられる。  食指のあたる所を寸部、中指のあたる所を関部、無名指のあたる所を尺部としている。


脈状診について

主に現代中医学の脈診法そのものであり、現代中医学の脈診法や日本では古典鍼灸研究会の井上雅文氏の脈診法がこれにあたる。後述する脈位脈状診は六部定位診とこれを一緒にしたものである。 片手の橈骨動脈の拍動を触れて、その打ってくる脈動の感じ方を決められた概念でもって分別して診断を行う。この概念(または型枠)を脈状といい、時代によって数が増えている。 日本漢方では後述する六部定位診は重視されず、主に脈の浮・沈・数・遅・強弱などの脈状により診断がなされるが、中医学の脈診では六部定位診や脈象(下記28脈)を重視する。これは、日本漢方が方証相対(証に合わせて処方を決めること)的思考を重視し、腹診に重点を置くためである。一方、中国や韓国では文化的に腹診に対する抵抗感があったことから腹診は発展しなかった。チャングムでは、脈診で疾患を診断する場面があり、中国の脈診と相似するものと思われるが、韓医学は金元から明代の医学を吸収しつつも、漢代の医学を基本とした独自の発展を遂げている。 脈象については、陽経の脈を七表(浮・?・滑・実・弦・緊・洪)、陰経の脈を八裏(微・沈・緩・?・遅・伏・濡・弱)、両方の脈を九道(長・促・短・虚・結・牢・動・細・代)という。


帝内経霊枢(こうていだいけいれいすう)という古典にある脈診法で、のど仏の両脇にある頸動脈で最も強く拍動している部分である人迎(じんげい)という位置と、前腕の寸口(これを脈口とも呼ぶ)で打っている脈動の強さを比較する診断法。主に経絡の虚実を診断することで、各経のの陰陽虚実を決める。  近年では長く実践されることが少ない診断法であったが、小椋道益氏が復活を試みているが、その後の日本の鍼灸に広く浸透することはなかった。


ナースの転職を賢く成功させよう

ナースの方は毎日の仕事がつらいので転職したいなあとお考えの方も多いと思います。 最近のナース転職事情は自分で病院に履歴書を出すのではなく専門の転職エージェントを通して キャリアコンサルタントの助けをもらって転職活動をするのが一般的です。 今の職場で悩みがある方やこれから転職したい方はナース募集@京都のサイトをご参考下さい。

クレジットカード比較しよう

クレジットカード作りたい方にクレジットカード比較のサイトが人気です。

腸内洗浄情報

腸内洗浄とは、肛門および直腸を経由して腸内に液体を注入する医療行為、もしくはそれに使用する薬剤や器具の総称。

ぎっくり腰情報

一般的に、ぎっくり腰とは、重いものを持った時や急な体幹の捻転時におこる急性の腰痛を指す通称。正しくは「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」とされている。

リンパマッサージ情報

リンパ(英:lymph)はリンパ管に存在する、一般にアルカリ性の黄色の漿液性の液体である。リンパマッサージも人気。その成分は血管より漏出した血漿タンパク質、組織内の細胞より排出され高分子物質を含み、性状は血漿に類似する。

復縁情報

失恋(しつれん)とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。復縁 方法も人気。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれる事である。その形は様々だが、多くの人は、深い悲しみとショックに陥る。基本的に死別は失恋に含めない。

筋トレ情報

筋力トレーニングとは、骨格筋の筋力・筋持久力の維持向上や筋肥大を目的とした運動の総称。筋トレ 方法のマニュアルも人気。目的の骨格筋に対して抵抗(resistance)をかけることによって行うため、レジスタンストレーニングとも呼ばれる。

メタトレーダーが人気です。

FXでシステムトレードをしたい方にメタトレーダー4業者が人気です。デイトレードまで自動売買可能です。メタトレーダーは海外のシステムトレードのプラットフォームでかなり色々なテクニカル指標が使えます。

ハイドロキノン情報

ヒドロキノン (hydroquinone) は、化学式 C6H6O2、分子量 110.11 の二価フェノール。ハイドロキノンと表記される場合が多い(英語の発音は「ハイドロキナン」が近い)。 ハイドロキノン 効果

は美容に絶大である。

仮性包茎について

仮性包茎の人は早く治療した方がいい

ラクトフェリンの口コミについて

人気のlionラクトフェリンの口コミを紹介します。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

[リンク集] 相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5